リノベーションされた賃貸のメリット

リノベーションされた賃貸のメリットは、なんといっても新築と変わらないデザイン性・機能性をもっているにもかかわらず、家賃が安いということです。
築年数は20年以上の物件が多いですから、築年数に比例して家賃は下がっていきます。
築年数が経過していてもリノベーションという付加価値がついているのだから家賃は高いのではないかと考える人はいますが、実は家賃は5000円~1万円程度上乗せされているだけです。
新築と比べたときはもちろん、築年数10年くらいの物件と比べても家賃は安いこともあります。
それだけ安い家賃であるにもかかわらず、設備は最新のものとなっているので、まるで新築物件に住んでいるような気分にひたれます。
リノベーションというのは、大規模な工事のことを指しますので、全体的に部屋が新しくなっているはずです。
しかし、部分的には古いところがあるかもしれないので、よく見ておくことが重要です。リノベーション賃貸は、総合的なメリットで考えましょう。

リノベーション賃貸で自分好みの家に

リノベーション賃貸で自分好みの家に 新築の一戸建てなら、自分の好きなように間取りを決めてインテリアやキッチンなどの水回りの高さなど一から決めていけますが、土地や建物代などを考えると莫大な費用が必要になって、あきらめなければならない箇所が出てくることはよくあります。
そこで、リノベーション賃貸をおすすめします。
リノベーションとは居住空間の大規模な改修のことであり、もとの環境よりより良くする工事のことです。
一般的に賃貸物件は自分で改修工事をすることは契約上許されておらず、壁や天井、ドアなどは入居したままの状態で使い続けなければなりません。
自分の好みは二の次になってしまうので、小さな使いづらさによる不満を抱えたまま生活することになることもあります。
そこで、リノベーション可能な賃貸を選択肢に入れると、自由に設計できるので自分の好みの内装やインテリアの物件に住むことができます。
新築にこだわらず、生活環境に納得ができればリノベーション賃貸はかなりお得です。

新着情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>賃貸の下見を行うことで色々と把握できる部分
>賃貸物件の住宅設備は快適性を左右する大きなポイント
>賃貸物件を借りるにはどのような書類が必要なのか
>賃貸物件のオーナーや管理会社は家賃の保証サービスと契約すると便利です
>賃貸を決める前に持ち込み予定家財の大きさ確認が必要です

◎2017/10/18

駅徒歩が遠い物件がオススメ
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

東京の賃貸で二人暮らし
の情報を更新しました。

「賃貸 家賃」
に関連するツイート
Twitter

大学1年娘の進学と新小一の娘の進学を見据え、ちょいと便利な場所に引っ越したんだけど、家賃高いしビックリする程狭い… パーソナルスペースゼロの賃貸なのに、娘二人とも 「えーそんな気にならいよ!毎日家族と話せて楽しい!」 と言ってます。 幸せってお金じゃないかも、無理しないでいこう。

不動産27年。9割の人が勘違いしてる『賃貸併用住宅』 ❶住宅ローンが使える ❷収益物件なので立地や賃貸部分の内装は入居者第一 ❸建築材、設備にはお金をかける ❹節税効果がガチで高い 現実的じゃない高額家賃の収支プランを作る会社もあるので、相談相手を選ばないと大損します。鉄則はプロフです

返信先:賃貸のほうが得とは思うけど絶対ではないと思う 私の母親もそうですけど高齢で1人暮らしの人たちローンの終わった持ち家で生活してるけど、税金はあるけど家賃が必要ないのは助かるって。 年金から家賃負担ってやっぱり大きいです

返信先:この論争の答えはありません。 主体者の仕事環境、全国転勤の有無、両実家、子供などによって選択内容が変わる。 また損得勘定ではなく定年退職後後のライフプランや資産形成の考えによっても変わる。 賃貸で70代年金で家賃の支払い!持家だと外壁や浴室などの補修費かかる。答えは出るわけない

返信先:リスクがどこにあるかというだけで、損得は明確にはできない。 ただ、設備の費用や固定資産税の話をする人もいるけど、賃貸でもオーナーが慈善事業として負担してるのでなければ家賃・オーナーを通じて払ってるわけだからまずそこがお得になることは有り得ない。